結婚式の招待状の表書きと裏書のマナー

ゲストとして結婚式の招待状が届いたら、表書きの宛名に行と記載があるため二重線で消して横に様と書き直します。
様は招待状の返送する相手に敬称となり、宛名よりも少し大きめに書くことがコツです。
招待状の返事は早めに返送します。
新郎新婦にとって出欠は早めが有難いため、招待状が届いたら2~3日以内遅くても1週間以内には返送します。
メールや電話で返事をすることはマナー違反です。
必ず届いた招待状の返信はがきに記入して送ります。
返送はがきの裏書は御や御芳は二重線で消して、出席に丸をします。
喜んでと書き加えると丁寧で好印象となります。
御住所や御芳名の御や御芳は招待状を受け取った側への敬語です。
返送時には消し忘れがないようにポストに入れる前にも再度確認します。
御欠席も二重線で消します。
余白にお祝いのメッセージを記載しておくと新郎新婦に好印象となります。
ただし、返送のはがきは新郎新婦だけでなく親側も見る可能性が高いため、砕けすぎたメッセージにならないようにします。
招待状の御や御芳という文字を寿の文字で消す方法もおすすめです。
寿消しという方法で上級者のマナー方法です。